« 今月の民話(2018年5月) | トップページ | 今月の民話(2018年7月) »

今月の民話(2018年6月)

  最近、季節の移り変わりの早いことに"えっ"と目を見張っています。 ついこの前桜が咲いてスイセンが咲き、ツツジが満開になった と思ったらもう梅雨。あじさいが花の球の準備に入っています。 長い梅雨は嫌だけど適量雨が降ってほしいなと願っています。

   さあ、今月のむかーしむかしのお話は 「ばかむこ」と「稚児が池」のお話です。

ばかむこ

一般携帯用

     ばかむこの話のタイトルをみて"あれっ"これ差別用語かな? と現在問題視されているセクシャル・ハラスメント(セクハラ) になるのかななんて思ってしまいますが、バカは差別用語では ないそうです。

   ばか・・・・少し頭脳の薄い人をさすのですが、 こういった人、私の周辺にも何人かいます。でもそんな人たちはある 事にきわめて高い知識をもっている人が多くいます。
     私の友人のAさんはのろまなのですが、将棋をさすといつものA さんとはうって変わり、頭脳めいせき、素晴らしい!
    「入賞した」と教えてくれるAさんはいつもの小心者のAさんではなく 自信あふれる態度であり言葉であることにびっくりしてしまいます。

     そしてこれがAさんのもうひとつの姿であることに不思議な 感動を覚えます。

   このばかむこの話もちょっと微笑ましい感動があり、"ほっ"とします。
人のいい疑うことを知らない純真な心に"成程"と共感してしまいます。

     さあ、お話を聞いてください。

稚児が池

一般携帯用

    古事記にも登場する奴奈川姫はそれは美しくうるわしい美人だった のでそのうわさは大国主命の住む出雲へも伝わったといわれます。
   当時糸魚川は高志の国といわれ、奴奈川姫は女首長であったといわれます。 姫川には透き通るみどりの石、ヒスイがとれ、人々はそれをまが 玉やくだ玉、耳飾り等に加工していたのですが、一番は神様を 降神する呪具としてヒスイが珍重されたといわれます。
女首長の奴奈川姫は巫女王であったという説があります。
出雲の国を治める大国主命にはスセリ姫という正妻がいたのですが、 あちこちら女を作っていたようです。

    奴奈川姫のもとに大国主の命がはるばる出雲から美しくうるわしいという 噂を聞いてやってくるのですが、大国主命には奴奈川姫を手に入れる よりもヒスイに心を奪われ、玉を支配したいという下心があった ようです。
    ヒスイは当時霊玉ともいわれ、糸魚川のヒスイはあの時代、 北海道から沖縄まで運ばれていたというのです。
通信手段の発達していない古代、情報はどうやって伝えられた のか、運搬の方法はどうだったのか・・・・疑問だらけです。

   奴奈川姫を自分の妻にと決めていた土地の神と大国主命は争いになり とびくらべで勝負をつけることになります。 馬にのった土地の神と牛にのった大国主命と駒ケ岳の頂上から さあ勝負!

     お話を聞いて下さい。

|

« 今月の民話(2018年5月) | トップページ | 今月の民話(2018年7月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510671/73621333

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の民話(2018年6月):

« 今月の民話(2018年5月) | トップページ | 今月の民話(2018年7月) »